宅配ボックストラブル(暗証番号、盗難 他)の解決例


20210216blog_TOP_2

「再配達問題」や「ウイルス感染防止対策」で注目を集めている宅配ボックス。

「使ってみたいけど大事な荷物がトラブルに巻き込まれたら嫌だ。」という方も多いのではないでしょうか。
この記事では宅配ボックスでよくあるトラブルと解決例をご紹介します。

 

【 目 次 】

宅配ボックスのよくあるトラブル

 -宅配ボックスが開かない

 -宅配ボックスに荷物を入れてもらえない

 -注文していない荷物が宅配ボックスに入れられていた

 -宅配ボックス内の荷物が盗難にあった

宅配ボックストラブル(暗証番号、盗難 他)の解決例 まとめ

 

■宅配ボックスのよくあるトラブル


 

宅配ボックスが開かない

宅配業者による不在通知表への解錠番号の記入ミスで宅配ボックスが開かないケースがあります。こうした場合は、まず管理会社や大家さんに相談してください。管理会社や大家さんが「マスターキー」を所持しているため、荷物を取り出すことができます。

20210125blog_akanai

 宅配ボックスに荷物を入れてもらえない

宅配ボックスを設置しているのに宅配業者が利用してくれない場合、次のような原因が考えられます。
●商品の注文時「宅配ボックス受け取り希望」と記載していない。
●宅配ボックスよりも大きい荷物や、かなり重量がある荷物だった。
●生鮮食品・冷凍食品などのクール便だった。
●ボックスが全て使用中。
●業者に使用申請していない。(日本郵便の場合)

20210125blog_iretemoraenai

 

 

 

注文していない荷物が宅配ボックスに入れられていた

開封などをせずに宅配業者に連絡してください。

「送りつけ商法(ネガティブオプション)」に当たる場合は、業者への支払い等を行わず、速やかに最寄りの「消費生活センター」または「警察(#9110)」にご相談ください。

20210125blog_tyumonnsiteinai

 

 宅配ボックス内の荷物が盗難にあった

宅配業者に確認をとり、宅配業者側の不手際(施錠忘れ等)が認められた場合には補償を受けられる場合がありますが、そうでない場合は大家さんや管理会社に相談の上で、警察に被害届を出してください。

20210125blog_tounan

 

 

■宅配ボックストラブル(暗証番号、盗難 他)の解決例 まとめ


宅配業者によっては宅配ボックスへ配達希望の旨を伝えていないと、宅配ボックスを設置していても利用してくれないケースがあります。また、ボックスよりも大きい荷物や生鮮食品は宅配ボックスに入れてもらえません。

宅配ボックスに関するトラブルが発生した場合は、管理会社や大家さんに連絡しましょう。
荷物に関するトラブルは運送会社へ連絡し、犯罪が考えられる場合には警察へ連絡しましょう。

宅配ボックスを使いこなして、宅配物の配達時間に縛られない快適な生活を手に入れましょう。

 

 

● ダイケン 宅配ボックス 特設ページはコチラ↓

 

 

AR技術を使って、宅配ボックスの設置シミュレーションができる無料サービス「DAIKEN AR」公開中!

daikenar-link