会社案内会社案内

先輩社員紹介

児島由貴子

児島由貴子
2014年4月入社

開発部

大手前大学 メディア芸術学部建築・インテリア専攻

開発部
大手前大学 メディア芸術学部建築・インテリア専攻

約1年かけて、丁寧に育てていただきました。

入社の動機

いつも絵を描いている子供でした。何かをつくる事も好きで、インテリアなどデザインに興味を持った頃、将来のことを考えて、工業高校の建築科に進学。そのまま大学でも建築を専攻しました。就職活動では、建築業界で会社を訪問していたところ、ダイケンと出会いました。さまざまな建築物に不可欠で、自分の生活に馴染のある『建築金物』って、おもしろそうだぁ!と興味を持ち、ここの開発課でモノづくりにチャレンジしたい!と入社を希望しました。

憧れのモノづくり

ダイケンの製品開発は、mm単位の世界。大学で学んできた建築図面と、開発製品の機械図面は、まったく別モノでした。3DCADも3Dプリンターも未知の世界…。入社後は、主任の設計の補助を通じて、CADで設計するまでの図面の準備段階から、丁寧な指導を受け、なにもかもゼロからやり直す気持ちで、さまざまな事を吸収しました。個人差もありますが私の教育期間は約1年。この貴重な時間に学んだ知識やノウハウは、かけがえのないものだと思いますし、こんなに丁寧に教育していただけたことに感謝するとともに、早く役に立ちたい気持ちでいっぱい。4月から、製品を担当し、子供の頃から憧れていたモノづくりに本格的に取り組めるので、ワクワク感と不安もありますが、プロとして活きた技術を身につけるまでは、これからも毎日が勉強だと身の引き締まる思いです。